九九表・掛け算表

  • ちょっと気が利くポイント
  • 対象年齢:小学2年生 選べる2種類のポスター 選べる4つの難易度 こだわりのデザイン 見やすい色分け ステップアップ学習対応

小学2年生の九九の暗唱練習に最適な九九表を用意しました。 読み方つき、読み方なし、答え無し、読み方・答え両方なし、と 色んなお子さんに対応できるように制作しています。

読み方ありの注意点 九九の暗唱は全国各地で読み方が多少異なります。 「読み方あり」のプリントでは最も一般的ではないかと思われる 読み方を掲載していますが、地域によっては(先生によっては) 違う唱え方をする可能性がありますのでご注意ください。

もちろん読み方が違っても九九の計算に支障は出ませんし、 暗唱テストで減点される事はさすがに無いと思いますが クラスの心無い子から「なんか読み方ヘンだな!」と、からかわれる可能性があります。 地方から東京へ引っ越した方など、その辺の事情を踏まえて子供に教えるようにして下さい。

一応私が把握している限りの読み方の違いを羅列しておきますのでご確認下さい。
2×8=16「★にはち・じゅうろく」「には・じゅうろく」
4×8=32「★しは・さんじゅうに」「しわ・さんじゅうに」
8×3=24「★はちさん・にじゅうし」「はっさん・にじゅうし」
8×4=32「★はちし・さんじゅうに」「はっし・さんじゅうに」
※プリントには★マークを付けた方の読みを記載しています。

歌って覚えるのもアリ! 歌にして覚えると基本的に忘れにくいです。 皆さんも昔から好きな歌の歌詞は今でも覚えていますよね? 言葉+リズムは暗記する上でとても相性が良いです。

その反面、デメリットとしてリズムに乗せないと歌詞が出てこないと言う危険性があります。 ご参考までにYouTubeで「九九のうた」で検索すると何種類かヒットします。 ちゃれんじ九九9×9songドラえもん九九

ドラえもん九九がリズムに癖が少ないので良い気がします。 ただし声優さんが昔の人です。あと余計な間奏が入ります。 そして九九を歌うのはドラえもんじゃなく、のび太です。 「お前が歌うんかい!」ですね・・。

「が」の有り無し 2×2=4「ににん "が" し」、3×3=9「さざん "が" く」という風に 九九には「が」の入るものと入らないものが混在しています。これらには法則があります。 答えが1ケタの時には全部「が」が入りますが、答えが2ケタの時には入りません。 お子さんが苦戦しているようでしたら教えてあげて下さい。

ステップアップ学習対応 九九カードを使って覚える方法もあります。 ポスター・カード・歌と、お子さんと相性の良い方法で覚えると良いでしょう。 かけ算の計算問題も 用意していますのでご活用ください。

注意!!
家庭内での個人利用以外は利用規約を一読して下さい。 左クリックでPDFのプリントデータを別窓で表示します。 右クリックの場合は"対象をファイルに保存する"を指定して下さい。 "画像を保存する"を指定しまうと見本の小さな画像しか保存できません。

九九表・掛け算表 - 読み方あり

九九表・掛け算表 - 読み方なし

九九表・掛け算表 - 答えなし

九九表・掛け算表 - 読み・答えなし

「いいね!」が私の楽しみなんです‥あとは、わかるな?

キングコング