絵の具混ぜ合わせ表

  • ちょっと気が利くポイント
  • 対象年齢:全学年 基本色を網羅 ちょっと難しい色にも対応 混ぜ合わせチャート有り

ありそうで無かった、絵の具の混ぜ合わせ表です。 ネットで情報収集していますと、大人なのか子供なのか分かりませんが、 「オレンジって、緑と黄色を混ぜれば作れますか?」のような トンチンカンな質問をしている人が結構いたので驚きました。

ちなみに色の三原色(色光の三原色)は「RGB」で、「レッド(赤)・グリーン(緑)・ブルー(青)」です。 赤・黄・青と勘違いしている人がいますが、念のため。 絵の具の場合は、これとは別で色材の三原色「シアン・マゼンタ・イエロー」となっています。 プリンターのインクなんかが同じこのタイプですね。

光の場合はレッド・グリーン・ブルーの3色を混ぜ合わせる事によって、あらゆる色を作る事ができます。 プリンターの場合はシアン・マゼンタ・イエローの3色を混ぜ合わせて、あらゆる色を作り出せます。

絵の具は何故か、プリンターと同じ色材の三原色の法則が成り立つにも関わらず シアン色、マゼンタ色、イエロー色(レモンイエローのような純粋な黄色)という絵の具が存在しません。 絵の具で使われる「赤・青・黄色」などは不純物が混じった色なので、混ぜれば混ぜるほど不純物も多く混ざり合うので どんどん濁った汚い色へと変化していきます。ここがミソです。

基本色を網羅 「赤と青を混ぜて紫」「赤と黄色を混ぜてオレンジ」「青と黄色を混ぜて緑」など基本的な混ぜ合わせ色は網羅しています。 さらに「青に白色を混ぜて水色」「青に黒色を混ぜて紺色」などにも対応して制作しています。 ※厳密に言うと青に白色を混ぜると「薄い青」、青に黒色を混ぜると「濃い青」ですが、 便宜上、水色・紺色と表記しています。

ちょっと難しい色にも対応 たとえば茶色の作り方は「赤+緑=茶色」ですが、「赤+青+黄色=茶色」という作り方も出来ます。 青と黄色を混ぜると緑になる為、「赤+(青と黄色)=茶色」という訳です。 説明が下手くそですけど意味わかりますかね??

肌色は「白+赤+黄色=肌色」です。場合によっては、さらにそこへ青色を少し足したりします。 赤や黄色の混ぜる割合によっても出来上がる色は変わってきますので、 やはり最終的には「自分で色々実践して試してみる」事が大切です。

色彩や美術に関する学習は、「頭に知識を詰め込むより肌で感じながら感覚をつかむ」 事が大切だと思います。楽しく色々試しながら上達するのが一番です。 (美大出身の私が言うんだから間違いない!)

追加の補足説明 「表の通りの色にならない」とご連絡がありましたので追記します。 色名の正確さ・色味の正確さ、よりも子供達に興味を持ってもらう事を目的として制作したものですので、 「間違ってはいないが、厳密に正確でもない」部分がございます。

例えば上記で説明している茶色の作り方に関しても該当する部分がありまして、 綺麗な茶色を赤・緑で混ぜ合わせて作るのは少し難しく 使用する絵の具や混ぜる割合によっては、灰色や黒色に近い感じの茶色になる場合が ございますのでその点ご留意いただきたく存じます。

しつこく言及しますが絵の具には「不純物」が混ざっています。 「赤色」と書いてある絵の具でも発色の良い悪い・明るめ暗め、等は メーカーによっても違ってきますので表通りの結果にならない場合があります。 色々混ぜる程、不純物のせいで汚い色になっていくのが絵の具の特徴です。

他にも色の教材あります トランプサイズの色カードがあります。 クレヨン・クレパス・クーピー等で使用されている色を基に制作しています。 お子さんがお絵描きや、色に興味を持った場合はこちらも役立つと思います。

注意!!
家庭内での個人利用以外は利用規約を一読して下さい。 左クリックでPDFのプリントデータを別窓で表示します。 右クリックの場合は"対象をファイルに保存する"を指定して下さい。 "画像を保存する"を指定しまうと見本の小さな画像しか保存できません。

絵の具混ぜ合わせ表

「いいね!」が私の楽しみなんです‥あとは、わかるな?

キングコング