メンバー紹介

「ぷりんときっず」に関わっているメンバーをご紹介します。 2013年6月11日に誕生した当サイトは、これまで私1人で運営してきましたが、 2014年より心強いメンバーを引き連れて(巻き添えにして)運営していきます。

良質なコンテンツを皆さんにご提供できるように私は本気でございます。 今は2人3脚でメンバーは少ないですが、今後も何人か巻き込みながら サイトを成長させていきたいなぁと画策しておりますので乞うご期待!

デザイナーの紹介

  • Nameだずーる
  • Skillデザイン全般
  • WebDaZOOL
  • Status黒タイツの男前
  • Mailinfo@dazool.com
だずーる

ちょっと詳しい紹介 グラフィック・イラスト・ウェブ制作から、音楽・映像編集まで とにかく何でもこなせる知り合いのデザイナーさん。 当サイトのリニューアル・デザイン・制作まで全部してもらいました。

ほんの少しの色使いの違いや、ささいな変化で大きく印象が変わるもんだなぁと プロとアマチュアの実力差を感じずにはいられません。 当サイトが掲げている「どんな子供にも平等に教育の機会が与えられるべき」 の目標に共感してくれて、一緒に目標を達成するべくサイト運営に参加して下さいました。

ぷりんときっず内での役割 ぷりんときっず内ではプリント制作・イラスト制作・ウェブ制作など、 サイト運営に関する全般的な事をお手伝いしてくれています。 「1mm・1pxの違いで10%の印象が変わる」をモットーに緻密なデザインを心掛けています。

イラストなどの制作物には必ず制作者の「著作権」が発生するのですが、 「みんなが笑顔になれるのなら好きに使ってくれてイイよ(さらっ」と対応も太っ腹です。 ※実際のセリフは「別に好きに使ってくれて、ええで。」と大阪人丸出しでした。 仕事の合間を見て、ぷりんときっずを影ながら支えてくれる私の愛すべき右腕です。

当サイトの窓口担当者です サイト上では滅多に現れないレアキャラですが、 主に利用規約に載っていない事柄・ 企業関係者様への対応・著作権関連・お問い合わせ窓口は彼が担当しています。

運営者の紹介

  • Nameぷりんときっず
  • Skillプリント制作
  • SNSFacebook
  • SNSTwitter
  • Mailinfo@print-kids.net
ぷりんときっず

ちょっと詳しい紹介 トップページでも取り上げていますが 自作のプリント学習だけで平凡な我が子を学年トップクラスの成績にした経験があります。 何の取り柄もない私ですが、唯一ちょっとだけ誇れる実績です。

「バカな私の子供でも結果が出せるんだから他の子供にも効果あるんじゃね?」 という事で当サイト、ぷりんときっずを立ち上げた名無しの発起人です。 空いた時間を見つけては、ちまちまとプリント制作に励んでいます。

私の簡単な経歴 私は美大でプロダクト(雑貨)デザインを専攻していて、 大学卒業後に昔から夢見てきたデザイン会社に就職する事になりました。 しかし神様のイタズラ(私の無計画)のせいで若いうちに子供を授かってしまい、 新卒入社のデザイン会社をすぐに退職してしまいました。

「私の人生より子供の人生」という気持ちで子育てに専念するべく、そのままデザイナーの夢を諦めました。 そして子育てと同時に心の奥底で、くすぶっていたデザインへの想いも満たす為に 「プリント制作」という形ですべて私の気持ちをぶつけました。 そんな私の想いが込められた学習プリントを無料配布させて頂いております。

プリント制作を通じて気付いたのは、子供に合わせた「オーダーメイド」の 学習プリントが一番良い!という事です。 だから出来る限り様々な学力・性格のお子さんにも対応できるような 学習プリントになるように3,000枚以上のプリントデータを全部作り直している最中です。

私からのメッセージ 我が子はもう小学校を卒業しているので、このホームページへ訪れるほとんどの 皆さんよりママ歴としては先輩になると思います(恐らく年齢もな‥)。 他の子育てブログ等を見てみると、やはり幼児・小学生のお子さんを持つ パパママのブログが圧倒的に多いです。もちろん子育てに一番関心が高い時期でもあります。

同世代のパパママ同士の情報交換も良いですが、 「先輩ママとして伝えたい事」「終えたからこそ分かる気付いた事」などを中心に 学習プリント以外でも子育てに役立つ情報を発信していきたいと思います。 小うるさい姑のような感覚で「あっ、また何か言ってるよ」と聞き流して頂けると、とても喜びます。

私の強みは「ぐぅたらでも継続できる勉強法」を実践できた事です。 高度な知識やテクニックなど必要ありませんので、どんなご家庭でも再現性は高いと思います。 東大・京大は無理かも知れませんが、普通の公立小学校で1位を取る事は充分に可能です。 要は「やるか・やらないか」だけです。親の努力はそのまま子供の成長に表れます。

「いいね!」が私の楽しみなんです‥あとは、わかるな?

キングコング