3要素2段階の割り算

  • ちょっと気が利くポイント
  • 授業時期:小学3年生5月 選べる難易度3種類 スモールステップで学べる 読解力アップ 文章問題が苦手でも大丈夫

小学3年生の3要素2段階の割り算プリントです。 難しそうな雰囲気の単元名ですが、要するに「割り算+足し算 or 引き算」の複合問題です。 こちらのプリントはちょっとややこしいので、例題を交えながら解説していきます。

例題1 りんごが30個あります。りんごを6個ずつ箱の中に入れていくと、3箱余りました。 箱は全部でいくつありますか?

上記の様な問題があったとして、2通り(総合式・分割式)の解き方があります。

【総合式】
式:30個÷6個+3箱=8箱
答え:8箱

【分割式】
式1:30個÷6個=5箱
式2:5箱+3箱=8箱
答え:8箱

総合式は「式を1つにまとめて」計算するのに対し、 分割式は「式を1つずつ分けて」計算していきます。 小学3年生の現時点の学力では分割式を使用して下さい。さらに例題を交えて理由を説明します。

例題2 風船が40個ありましたが20個割れてしまいました。残った風船を5人に配ると、 一人あたり何個の風船が貰えますか?

【総合式】
式:(40個-20個)÷5人=4個
答え:4個

【分割式】
式1:40個-20個=20個
式2:20個÷5人=4個
答え:4個

先ほどの例題1とは違い、総合式の方には計算式に括弧が付きました。 括弧を付けた場合「答え:4個」となりますが、 括弧を付けなかった場合「答え:36個」で、不正解となります。

※忘れてしまった方の為に説明しますと括弧がない場合の計算式は、式の順序に関係なく、引き算・足し算よりも 割り算(掛け算)を優先的に計算しなければいけない計算ルールがあるからです。
「40-20÷5=」→「40-4=」→「40-4=36」となります。 括弧付きの計算は現時点ではまだ授業で習っていないので、総合式は使わないようにして下さい。

注意!!
家庭内での個人利用以外は利用規約を一読して下さい。 左クリックでPDFのプリントデータを別窓で表示します。 右クリックの場合は"対象をファイルに保存する"を指定して下さい。 "画像を保存する"を指定しまうと見本の小さな画像しか保存できません。

3要素2段階の割り算 - 簡単

3要素2段階の割り算 - 普通

3要素2段階の割り算 - 難しい

「いいね!」が私の楽しみなんです‥あとは、わかるな?

シェアする
ツイートする
はてブ
キングコング