秒と分の計算・単位変換

  • ちょっと気が利くポイント
  • 授業時期:小学3年生9月 選べる3種類の出題形式 スモールステップで学べる 秒・分・時間の量感の理解 計算問題にも対応

小学3年生の、秒と分プリントです。 時間や時計に関する勉強は小学2年生の時に、 時刻と時間の計算や、 時計と時間の応用で 学習してきました。

これまでの学習では「60分=1時間」「1日=24時間」など 「分・時間」に関する事は一通り学びましたが 「秒」に関する授業は、今回が初めてです。

「60分=1時間」と同じ要領で「60秒=1分」にすれば良いだけの単純な事なのですが、 意外とここでつまずく子が多いようです。 2年生までの時間・時計に関する授業をしっかり理解し切れていない事が原因でしょう。

時間系の問題は、できる子・できない子の差がハッキリ出やすいので、 おさらいの意味も込めて一通りやってみると良いかと思います。 できる子は1時間もあれば理解できるし、できない子は数時間かかります。

選べる3種類の出題形式 時間の読取→単位変換→計算問題、と3段階で学習していけるように構成しました。 私の個人的な経験上ですが、(時計や時間に限らず)単位に関する問題は 「単位付きの筆算の計算問題」を解きまくるのが一番手っ取り早いと感じています。

2年生の段階では「時間に関する問題は難しいので最悪、すっ飛ばしてしまっても良い」と書きましたが、 今後は高度な時間問題も出てきますので、そろそろマスターしておかないとヤバイです。

注意!!
家庭内での個人利用以外は利用規約を一読して下さい。 左クリックでPDFのプリントデータを別窓で表示します。 右クリックの場合は"対象をファイルに保存する"を指定して下さい。 "画像を保存する"を指定しまうと見本の小さな画像しか保存できません。

秒と分 - 読取・量感

秒と分 - 単位変換

秒と分 - 計算問題

「いいね!」が私の楽しみなんです‥あとは、わかるな?

キングコング